Blenderで3DCG制作日記

Blenderという無料ソフトを使って3DCGを作っていきます。

ページ移動 >

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりにトゥーンシェーディング

やりたくなったので久しぶりにトゥーンシェーディングです。
今回は濃い目な感じに。
トゥーン表現はコンポジットノードでしたので少し雑です。
kibuntenkan_toon_022_01.jpg
↓が今回のコンポジットノード。
kibuntenkan_toon_022_02.png

今回はコンポジットノードでのエッジ作り方を少し変えてみました。
kibuntenkan_toon_022_03.pngkibuntenkan_toon_022_04.png
Normal情報とZ情報を、エッジ抽出する前に合成してます。
あと、MapValueの変わりにMathのMultiplyを使ってみました。
情報の変化具合はどちらも同じなようだったので、
Valueにノードを繋げられるMathの方に。
それ以外は以前と大体同じです。
kibuntenkan_toon_022_05.png
アンチエイリアシングのFull Sampleにチェック。
(Full SampleはTEMPフォルダにテンポラリファイルを作るので注意)
同じくアンチエイリアシングで、フィルタータイプをクッキリしたものに。

トゥーンシェーディングですが、今回はかなり適当です。
トゥーンシェーディングとは呼べないかもしれません。
kibuntenkan_toon_022_06.jpgkibuntenkan_toon_022_07.png
単純にImageからColorRampでハイライト用、陰影用の画像を作って、
それぞれ、元の画像にMixのAdd合成、Multiply合成をしているだけです。
それと、グレースケール画像を合成することで彩度が下がるので、
合成毎にHue Satturation Valueノードで彩度を上げなおしてます。

なお、床付近にはパーティクルを発生させています。
kibuntenkan_toon_022_08.png
炎っぽい感じにしようと思ったのですが、上手くいきませんでしたね。
これはこれで良いですけど。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/23(土) 22:34:39|
  2. 試しCG ノードでエッジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前回の動画に髪や服の動きを

前回の動画とほとんど変わりませんが、
髪や服が風に揺れるような動きを付けてみました。
ちなみに、動きは全て手付けで付けています。
おかげで不自然な動きになってしまいましたが。

kibuntenkan_toon_017_01.jpg

テスト動画置き場 - http://bmania.michikusa.jp/movie.html

ノードでエッジを描画する際の必需機能ともいえるFSAで、
今さら気付いた事なのですが、
kibuntenkan_toon_017_02.png
FSAにしていると、Blenderで指定してあるTempフォルダに、
[作業中のBlendファイル名.blend_Scene.exr] というファイルが、
FSA値の数だけレンダリング時に作成されるみたいですね。
(Windows2000とWindowsXPでのデフォルトの場所は、たぶん
Document and Settings/ユーザー名/Local Settings(隠しフォルダ)/Temp)
↓の赤丸部分で指定。
kibuntenkan_toon_017_03.png
Blendファイルのファイル名を変えずに作業してれば、
exrファイルは上書きされていくだけです。
ですが、私のように頻繁に連番でファイル名を変えて新規保存してると、
その度に別名のexrファイルがレンダリング時に作成されるので、
気付いたら結構な数になってたりします。
  1. 2009/05/18(月) 21:55:36|
  2. 試しCG ノードでエッジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

NormalノードでNormal抽出エッジを調整

久しぶりにトゥーンシェーディング。
今回はアニメ風に仕上げてみました。
kibuntenkan_toon_016_01.jpg
テスト動画置き場 - http://bmania.michikusa.jp/movie.html
カメラだけが動いている短い動画です。

↓が今回のコンポジットノード。
kibuntenkan_toon_016_02.png
結構ゴチャゴチャしてますが、
半分ぐらいはエッジ描画のためだったりします。
あと、今回はコンポジットノードでトゥーンシェーディングしてます。
マテリアルで設定するのと比べて細かくは設定できませんが、
手軽さという意味では、これもありかもしれません。
ちなみに、背景は通常シェーディングです。
*縁色で囲ってある、画像の縁の黒線削除用部分で訂正です。
Image>Laplaceではなく、Alpha>Invert>Laplaceと繋いでください。
ちなみに、この部分のRenderLayerは何もレンダリングしないようにします。


エッジ描画については、
nanmoさんfedbさんのブログの記事を参考にさせてもらいました。
Nromalノードを使うことで、Normal抽出エッジだけでも、
結構しっかりとしたエッジを出せるようになりました。
kibuntenkan_toon_016_03.pngkibuntenkan_toon_016_04.png
左がNormal抽出エッジ。右が最終的なエッジです。
  1. 2009/05/11(月) 22:27:09|
  2. 試しCG ノードでエッジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ノードでエッジ (Z+Normal)

またコンポジットノードを使ったエッジの描画について。
今回は、以前紹介したNormal情報によるエッジと、
Z値によるエッジとを組み合わせてみました。
kibuntenkan_toon_012_01.jpgkibuntenkan_toon_012_02.png
輪郭線がしっかり描画されるようになりますが、少し太いですね。
右が今回のコンポジットノード。赤丸部分がエッジの描画部分です。
それぞれのMapValueのSizeと、ColorRampでエッジの調整をします。

Normal情報によるエッジ描画
kibuntenkan_toon_012_03.jpgkibuntenkan_toon_012_04.png

Z値によるエッジ描画
kibuntenkan_toon_012_05.jpgkibuntenkan_toon_012_06.png
Map ValueのSizeは高めに。
1前後だと、シルエットのような輪郭線しか描画されません。

Normal+Zによるエッジ描画
kibuntenkan_toon_012_07.jpgkibuntenkan_toon_012_08.png
Add合成なのは、黒地で白線になっているからです。
Color Rampで黒白が反転してます。

なお、今回の方法を行うには、
kibuntenkan_toon_012_09.png
Save BuffersとFullSampleをONにしておく必要があります。
(でないと、線がギザギザになります)
アンチエイリアシングも、BoxやCatRomのようなクッキリしたものに。

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/01/02(金) 21:44:04|
  2. 試しCG ノードでエッジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノードでエッジの続き

前の記事 で紹介したコンポジットノードで作るエッジの続きです。
その記事では、欲しい線だけ描画しようとしたらギザギザになると書きましたが、
それは、私の大きな勘違いだったようです。

kibuntenkan_toon_09_01.jpgkibuntenkan_toon_09_02.jpg

確かにギザギザにはなります。
要は、ノードでギザギザになるんだったら、
ノードの後にアンチエイリアスがかかるようにすればいいという事です。
kibuntenkan_toon_09_04.png
Scene(F10)パネルにある、Save Buffersといボタンを押すと、
隣にFullSampleというボタンが出現するので、それも押します。
こうすることで、アンチエイリアスがノードの後にかかるようになります。

ちなみに、今回のコンポジットノードは以下のようになっています。
kibuntenkan_toon_09_03.png
エッジを作る部分だけですね。

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/12/19(金) 22:34:37|
  2. 試しCG ノードでエッジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノードでエッジを描画

ノードを使って法線ベースのエッジを作る方法を教えてもらったので、
前回ので試してみました。
http://blender.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=952&forum=10
↑にアップされたサンプルを元にしています。

kibuntenkan_toon_08_01.jpg kibuntenkan_toon_08_02.jpg

今回のコンポジットノードは下のようになっています。
kibuntenkan_toon_08_03.png
LaplaceはAdd > Filter > Filterから、
Maximum、Multiply、MinmumはAdd > Convertor > Mathから追加できます。
正直言って、どういう仕組みかは理解していないのですが、
Multiplyの値を調整することで、線の発生具合を調整できるみたいです。

あと、今回のモデルで線を作ろうと思ったら、
ギザギザになるまで調整しないと良い感じな線ができませんでした。
なので、ColorRampの前にBlurで少しぼかし、
ColorRampで線のコントラストを細かく調整してあります。
そうすることでアンチエイリアスのかかったような滑らかな線っぽくなります。
ただ、線が太めになってしまうのが難点です。

追記
↓コンポジットノードの後にアンチエイリアスをかける方法がありました。
http://bmania.blog70.fc2.com/blog-entry-518.html


  1. 2008/11/27(木) 01:02:22|
  2. 試しCG ノードでエッジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

気分転換にトゥーンシェード

ちょっと気分転換にトゥーン調でレンダリング。
イラスト風に仕上げてみました。

kibuntenkan_toon_07_01.jpg

トゥーン表現にはマテリアルノードを使っています。
今回はほぼ全てのマテリアルに、プロシージャルテクスチャのCloudを適用。
Map toはCol(カラー)で、色はマテリアルごとに変えてあります。
そうすることで塗りたくったような感じを出してみました。
kibuntenkan_toon_07_02.jpg

線は標準搭載のEdge機能を使っていますが、
少々クッキリしすぎているので、
コンポジットノードで少し修正を加えてあります。
kibuntenkan_toon_07_03.jpg kibuntenkan_toon_07_04.jpg
ただ、今さっき気付いたんですが、
このやり方のままだと、Skyの色が白の時にしか使えませんね。

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/11/25(火) 22:15:53|
  2. 試しCG ノードでエッジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ブログ内検索

現在の私の使用PCスペック

詳しくはHPの方に
BlenderBenchmark
Blender2.49 4分42秒
Blender2.54β 1分38秒

最近のコメント

最新の記事

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

バナー

当ブログはリンクフリーです。



この画像は直接リンクできません。
ダウンロードしてお使いください。

Blenderの本




















Blenderの本(洋書)










プロフィール

bmania

Author:bmania
FC2ブログへようこそ!

HP更新状況

Bmania HP
 作品置き場 09/09/28up
 ファイル置き場 10/07/30up
 動画置き場 11/01/28up

ツリーカテゴリ

月別アーカイブ

日本語のCG関連雑誌など




- 公式サイトの詳細ページ -

CG関連の本


























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。