Blenderで3DCG制作日記

Blenderという無料ソフトを使って3DCGを作っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

操作メモ - 風とか


使用したBlenderのバージョン:Blender2.42a

memo_softbody_004_03.jpg memo_softbody_004_04.jpg
Fieldsという項目を設定することで、
ソフトボディやパーティクルなどに影響を与える風など作れます。

今回はWindを作ろうと思います。
まず、ソフトボディなどを設定したオブジェクトとは別に、
Wind用のオブジェクトをMeshオブジェクトで作ります。
memo_softbody_004_01.jpg
スペースキーを押して、Meshオブジェクトを作成。形状は何でもいいです。
Editモードに入って、面などを全て選択し、削除します。
そしてそのままObjectモードに戻ります。
これで、何も無いMeshオブジェクトが出来ました。

最新VerだとEmptyでもStrengthなどにキーフレームが打てるようになったので、
Emptyで作るのが良いかと思います。

次に、Object(F7)パネルでFieldsからWindを選びます。
memo_softbody_004_02.jpg
あとは、Strengthを適度に上げて
ソフトボディなどを設定したオブジェクトの方向に向けます。
それで風の効果が出ると思います。
memo_softbody_004_04.jpg memo_softbody_004_03.jpg
設定項目は、Strengthが風の強さ、Fall-offはよくわかりません。
Use MaxDistは有効範囲を設定します。
また、Objects(F7)パネル上でキーボードの[I]キーを押せば、
Strengthなどにキーフレームを打つことが出来ます。
memo_softbody_004_05.jpg memo_softbody_004_06.jpg
これで、強さの変化がついた風を作れます。

ついでに、Wind以外についても。
memo_softbody_004_07.jpg memo_softbody_004_08.jpg
Curve GuideはCurveオブジェクトを元にパーティクルの流れを作ります。
Vortexは螺旋状の風を作ります。
memo_softbody_004_09.jpg
Sphericalは吸い寄せる風を作ります。
また、マイナスの値をつけることで逆の方向の風も作れます。
  1. 2006/12/24(日) 21:08:44|
  2. 操作メモ ソフトボディ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<作品002 (剣士を軽く動かしてみる) | ホーム | 作品002 (ボーンを使ってマントを動かしてみる)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bmania.blog70.fc2.com/tb.php/231-5d14735a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

現在の私の使用PCスペック

詳しくはHPの方に
BlenderBenchmark
Blender2.49 4分42秒
Blender2.54β 1分38秒

最近のコメント

最新の記事

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

バナー

当ブログはリンクフリーです。



この画像は直接リンクできません。
ダウンロードしてお使いください。

Blenderの本




















Blenderの本(洋書)










プロフィール

bmania

Author:bmania
FC2ブログへようこそ!

HP更新状況

Bmania HP
 作品置き場 09/09/28up
 ファイル置き場 10/07/30up
 動画置き場 11/01/28up

ツリーカテゴリ

月別アーカイブ

日本語のCG関連雑誌など




- 公式サイトの詳細ページ -

CG関連の本


























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。