Blenderで3DCG制作日記

Blenderという無料ソフトを使って3DCGを作っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

操作メモ - ボーンの仕込み方

ボーンとはその名前のとおり、骨のようなものです。
これを入れると、MeshをそのBoneに沿って変形させることができるので、
主にキャラクターのポージングやモーションなどに使います。
memo_bone_000_00.png
ちなみにBlenderでは、
ボーンで構成されているオブジェクトをArmatureと呼びます。

内容は続きに書いてあります。

使用したBlenderのバージョン:Blender2.41

memo022_01.jpg memo022_02.jpg
まず上のように、
適当にセグメントを分けたオブジェクトを用意します。
Objects Modeでスペースキーを押してメニューを出してください。
AddからArmatureを選択、これがBoneです。

memo022_03.jpg
選択後、Editモードに入りますから、追加のボーンも作成します。
最初にできたボーンの大きさを調整したら、[E]を押してください。
新しく子のボーンが作成されます。これも大きさを調整。

memo022_04.jpg
ボーンを作り終えたら、Objectモードに戻ります。
次に、ペアレントの設定をするように、オブジェクト→ボーンの順に選択。
そして、[Ctrl]+[P]を押してメニューを出します。
memo022_05.jpg
まず、Armatureを選択。
次にCleate From Closest Bonesを選択します。
これで基本的なボーンの設定は終わりです。

memo022_06.jpg memo022_07.jpg
実際にボーンを動かすのはPose Modeでおこないます。
[Ctrl]+[Tab]でも、Pose Modeにすることができます。
Pose ModeはArmatureを選択しているときだけ選択できます。

なお、ボーンに関する設定の項目は、Armature(Bone)を選択している時に、
Editing(F9)の項目がArmature用の項目に切り替わります。
memo_bone_000_01.png
例えば、以下の赤丸部分でBoneのタイプを切り替えたり出来ます。
memo_bone_000_02.png

関連記事:
操作メモ - ModifierでArmatureを設定する。


  1. 2006/07/07(金) 20:46:06|
  2. 操作メモ ボーン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<操作メモ - ボーンのウェイト調整 | ホーム | 作品001 (背景のモデリング中)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bmania.blog70.fc2.com/tb.php/57-cc49bf07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

現在の私の使用PCスペック

詳しくはHPの方に
BlenderBenchmark
Blender2.49 4分42秒
Blender2.54β 1分38秒

最近のコメント

最新の記事

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

バナー

当ブログはリンクフリーです。



この画像は直接リンクできません。
ダウンロードしてお使いください。

Blenderの本




















Blenderの本(洋書)










プロフィール

bmania

Author:bmania
FC2ブログへようこそ!

HP更新状況

Bmania HP
 作品置き場 09/09/28up
 ファイル置き場 10/07/30up
 動画置き場 11/01/28up

ツリーカテゴリ

月別アーカイブ

日本語のCG関連雑誌など




- 公式サイトの詳細ページ -

CG関連の本


























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。