Blenderで3DCG制作日記

Blenderという無料ソフトを使って3DCGを作っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

操作メモ - Unwrap (smart projections)


使用したBlenderのバージョン:Blender2.49a

Unwrap(Smart Projections)はUV展開の機能の一つで、
自動的にバラバラに展開してくれます。
memo_uv_007_01.png
雑に展開されて、どこかどこだか分かりづらくなるので、
2Dソフトに持っていってテクスチャを描くのには向いていません。
ですが、レンダーベイクや3DViewでのテクスチャペイントなど、
2D上の描き易さを気にする必要が無い時は、お手軽で良い展開機能です。

展開(投影)されていく流れを簡単に説明すると、
面の向きや面積などを元に投影方向を決めていき、
その投影方向からPrject From Viewと同じようにUV投影。
その際に、Cube Projectionのように、
投影方向と面の向きとの角度の違いで分割していくと言った感じでしょうか?
正直言って正しいか分かりません。

以下に、分かる範囲で設定項目の説明メモを。
memo_uv_007_02.png
間違っている部分も結構あるかもしれませんので注意してください。

Angle Limit
投影する面の角度の限界値です。分割の基準となります。
値を低くして細かく分割した方が歪みや重なりは少なくなります。
ですが、低くしすぎると展開に時間がかかるので注意が必要です。

Selected Faces
選択しているMeshのみを展開(Share Tex Spaceで少し例外)

Init from view
面の向きによる投影を始める前に、
初めに3DViewの視点からの投影&分割をするようになります。
ただ、3DViewが複数ある場合にどの3DViewを使うか良く分かりません。

Area Weight
実際にUV投影する方向を決める際に、
面の向きだけではなく面の面積も計算に入れるかを設定。

Share Tex Space
オブジェクトを複数選択した状態でEditモードに入って展開した場合、
他のオブジェクトのMeshも一緒に展開し、
一つのUVマップのスペースに収まるように整頓されます。
memo_uv_007_03.png
UV/Image EditorのView Propertiesの中にある、
Other Objectsにチェックを入れると、
複数選択してあるオブジェクトのUVマップも表示されるので分かりやすいです。
memo_uv_007_04.png

Stretch to boun
隙間を埋めるように、縦に伸びたり横に伸びたりなど変形されます。
memo_uv_007_05.png

Island Margin
UVマップ上で各Meshグループ同士に隙間を作ります。

Fill Holes
無駄な隙間を埋めるようにするみたいですが、
オンにすると、むしろ悪くなるだけのような気がします。
  1. 2009/06/28(日) 00:20:14|
  2. 操作メモ UVマップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<透明部分を透明で表示したままテクスチャペイント | ホーム | Blender 2.49a>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bmania.blog70.fc2.com/tb.php/601-155cc233
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

現在の私の使用PCスペック

詳しくはHPの方に
BlenderBenchmark
Blender2.49 4分42秒
Blender2.54β 1分38秒

最近のコメント

最新の記事

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

バナー

当ブログはリンクフリーです。



この画像は直接リンクできません。
ダウンロードしてお使いください。

Blenderの本




















Blenderの本(洋書)










プロフィール

bmania

Author:bmania
FC2ブログへようこそ!

HP更新状況

Bmania HP
 作品置き場 09/09/28up
 ファイル置き場 10/07/30up
 動画置き場 11/01/28up

ツリーカテゴリ

月別アーカイブ

日本語のCG関連雑誌など




- 公式サイトの詳細ページ -

CG関連の本


























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。